お昼までにどうしても5万円必要という時の金策はコレ!手続き簡単キャッシングで解決

「午前中にどうしても5万円必要になってしまった。」

 

あまり考えられない事例かもしれませんが、例えば、大学に行っている子供から突然、

 

 

 

「午後1番で大学で教科書の販売があるんだけどどうしてもそれまでに5万円必要になった」


とか、

 

 

 

家賃の支払いを午前中のうちに入金しないと退去とすると大家さんに言われた


とか、

 

振込関係でお金が必要になる場合には銀行の振込は15時までですので、

 

午前中のうちにお金を用意しないと当日中に相手先の口座へ着金となるのが間に合わないかもしれません。

 

このように午前中に5万円程度のお金が必要になってしまうケースはありえますよね。

 

同僚や上司に借りるわけにもいきません。

 

そもそも1万円程度であればすんなり貸してくれる人もいるかもしれませんが、「5万円貸してくれない?」となると

 

そこまで高額でもなく、かといってポンと出る金額でもないため1番いいにくい金額かもしれません。

 

最も微妙な金額が5万円という金額です。

 

午前中にお金が必要1そんな時はカードローンのキャッシングがとても便利です。

 

午前中にお金が必要1朝申し込めば午前中のうちに自分の口座へお金が振り込まれてくることも可能ですので、5万円程度の金額であればキャッシングで解決できます。

 

 

 

午前中にお金が必要2どうしても午前中に5万円を用意したいときはコチラ
http://promise.co.jp/

 

 

 

キャッシングするときの注意点|会社に連絡?審査時間はどれくらい?

 

キャッシングの注意点について説明します。

 

午前中のうちに5万円必要ということであれば銀行のカードローンを借りるよりも、消費者金融でキャッシングしてしまった方が手っ取り早くお金を借りることが出来ます

 

 

 

銀行系カードローン

 

金利は銀行の方が低いですが、5万円程度の金額であればたとえ利息が5%違っても1日あたり7円弱程度しか変わりません。

 

銀行系カードローンは審査の回答が早くても、融資までに時間がかかる

 

午前中申し込んで午前中に5万円の融資が下りるということは期待できません。

 

 

 

消費者金融系キャッシング

 

消費者金融には年収の3分の1を超える借入を行うことができないという「総量規制」がありますが、

5万円程度の金額であれば年収は15万円あれば問題ないため、5万円程度は容易に借りることが出来ます。

 

消費者金融のキャッシングは通常、申込みを行ったと同時に信用情報などの審査を行い、

融資はできるのか、いくらまで融資可能かなどの審査結果は瞬時に判定されます。

 

 

 

在籍確認への不安

 

 

審査時に勤務先に本当に勤務しているか電話をかけて確認します。

 

 

通常は担当者個人名で行われ、「○○(担当者個人名)と申しますが、△△様(申込人名)いらっしゃいますか?」などと会社に電話を行い本当に勤務しているかの確認を行います。

 

 

会社に個人名で入電があると同僚や上司に不信感を持たれたり、または身内の不幸などと心配させてしまうことになりかねません。

 

 

心配な場合は、「〇〇生命の△△と申しますが」と名乗ってもらうようにお願いしておくとそういった心配もいりません。

 

 

その後は、インターネットやFAXなどで必要書類の提出を行い、問題なければ審査通過の連絡が入り、指定口座への振込が行われます。

 

午前中にお金が必要4審査の結果まで最短30分ですので朝9時に申し込めば、午前中の振込には十分間に合います。

 

勤務先に誰もいなかったりして勤務先の在籍の確認がとれなかったり、運転免許証の住所変更を怠り、本人確認書類での本人確認が取れないと審査に時間がかかるため注意しましょう。

 

 

キャッシングを上手に利用する方法、具体例

 

午前中に5万円が必要といったように、キャッシングで最も効果的な借り方は10万円以下の少ない金額を早く用意したい時には便利です。

 

しかし、消費者金融は総量規制と言って年収の3分の1を超える借入を行うことができません。

 

 

 

キャッシングは少額融資とスピードが強み

 

総量規制により、あまりにも高額の融資には対応していないため、消費者金融は少額、スピード融資に特化しています。

 

今回のように午前中のうちにどうしても5万円が必要といったことはまさに得意分野であると言ってもよいでしょう。

 

消費者金融のキャッシングは確かに銀行系カードローンと比べて金利が高いですがせいぜい4%〜5%程度の違いです。

 

数日間だけ数万円借りる程度であれば消費者金融のスピードを活用しない手はないでしょう。

 

 

急な入用に対応

 

給料日前にお財布がすっからかんになってしまった時に飲み会の予定が入り、どうしても夜までに3万円は必要だとか、

 

彼女の誕生日が今日だったことを忘れていてプレゼントを買うお金がないというような時にはとても有効です。

 

このように消費者金融は多くの金額を貸すことができない分、スピードに特化していますので、

 

とにかく急いでお金が必要という場合、特に数万円単位の少額のお金が必要な場合に消費者金融のキャッシングは適しています。

 

期限に迫られた支払いもそうですが、いつでもお金を借りれる状況にしておくと急な飲み会や冠婚葬祭など急な出費にも利用できるので、便利に使うことができますね。

 

 

 

 

午前中にお金が必要3
http://promise.co.jp/

 

【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断!

 

今なら入会金無料!!
アメックスのゴールドカードの特典は